更年期障害、克服への道

>「治療と対策」一覧

更年期とツボ刺激

ツボを刺激する際のポイント

ツボを刺激する際のポイント

指圧は一箇所につき、約5〜10回、指の腹を使って押します。強く刺激したい場合は、細い棒の先に小さな球がついている道具で15回程度押します。足裏のように感覚の鈍い場所は、タワシで強くこすっても良いでしょう。指圧以外にも、マッサージや、お灸、ドライヤー・カイロを使った温熱で刺激する方法があります。いずれの場合も、痛いのをガマンするのではなく、気持ちが良いと思える程度にとどめておくのがポイントです。

ページのトップへ ▲

肩こり・頭痛・倦怠感ツボの位置

肩こり

肩井(けんせい)
首の付け根と肩の中間。
第一頸項点(だいいちけいこうてん)
手の甲の、人差し指と中指の付け根で、やや手首寄り。
第二頸項点(だいにけいこうてん)
手の甲の、薬指と小指の付け根で、やや手首寄り。
肩こり・頭痛・倦怠感ツボの位置1

頭痛

全体点(ぜんたいてん)
親指と人差し指の間。
 
前頭点(ぜんとうてん)
人差し指第二関節の親指側。
頭頂点(とうちょうてん)
中指第二関節の人差し指側。
片頭点(へんとうてん)
薬指第二関節の小指側。
後頭点(こうとうてん)
小指第二関節の外側。
肩こり・頭痛・倦怠感ツボの位置2

倦怠感

足三里(あしさんり)
膝のすぐ下のすね(骨)の外側。
隠白(いんぱく)
足の親指の爪の生え際で、やや内側。
癘兌(れいだ)
足の人差し指の爪の生え際で、やや外側。
湧泉(ゆうせん)
足裏の真ん中で、やや指先寄り。
肩こり・頭痛・倦怠感ツボの位置3

ページのトップへ ▲

不眠症・イライラ・不安ツボの位置

不眠症

第一安眠(だいいちあんみん)
耳の裏側の骨の出っ張りのすぐ下。
第二安眠(だいにあんみん)
第一安眠の横のうなじとの境目。
失眠(しつみん)
足裏のかかとの中央。
不眠症・イライラ・不安ツボの位置1

イライラ

手心(しゅしん)
手のひらの真ん中。
少衝(しょうしょう)
手の小指の爪の生え際で、やや内側
足竅陰(あしきょういん)
足の薬指の爪の生え際で、やや外側。
不眠症・イライラ・不安ツボの位置2

不安・気分の落ち込み

手三里(てさんり)
ひじ内側のしわの端から指3本分手首寄りで、親指側。
神門(しんもん)
手首内側のしわの小指側。
労宮(ろうきゅう)
手のひらで軽く指を曲げると薬指があたるところ。
不眠症・イライラ・不安ツボの位置3

ページのトップへ ▲

ほてり・冷え・症状全般ツボの位置

ほてり・のぼせ

湧泉(ゆうせん)
足裏の真ん中で、やや指先寄り。
第二太敦(だいにたいとん)
足の親指の爪の生え際の中央。
崑崙(こんろん)
くるぶしの外側で、アキレス腱の前のくぼみ。
足三里(あしさんり)
膝のすぐ下のすね(骨)の外側。
ほてり・冷え・症状全般ツボの位置1

冷え症

腎兪(じんゆ)
ウエストライン上で、背骨から左右に指2本分外側。
志室(ししつ)
腎兪からさらに指2本分外側。
陽池(ようち)
手首外側のしわの中央。
ほてり・冷え・症状全般ツボの位置2

更年期症状全般

三陰交(さんいんこう)
くるぶしの内側から指3本分上。
血海(けっかい)
ひざの内側から指4本分上。
陽池(ようち)
手首外側のしわの中央。
ほてり・冷え・症状全般ツボの位置3

ページのトップへ ▲

飲んだら体の調子が良くなりました。。。


自然のミネラル補強食品「元気必須ミネラル」
友人から勧められた時には、正直、本当に効くのかなと半信半疑でしたが、友人の元気な姿を見て、 とりあえず試したら本当に効きました。いつでもどごでも摂取できるので、続けられるんですよね。 管理人的に体の調子を整える最強のサプリメントです。
 ⇒詳細はこちら
  • ▼ このサプリメントはこんな人にオススメです。
  • 体調をくずしやすくなった
  • お肌がの調子がよくない
  • 肩こり・腰痛・頭痛がひどい
  • 抜け毛・白髪が目立ってきた

1つでもチェックがついた方は⇒ 自然のミネラル補強食品「元気必須ミネラル」



Copyright (C) 2006 Academia Japan, Inc. All Rights Reserved.