更年期障害、克服への道

>「治療と対策」一覧

更年期の食生活

カロリーを減らすポイント

更年期における摂取カロリーの目安は、個人差はありますが、だいたい1,500〜1,800キロカロリーと言えます。外食が多い人は、カロリーオーバーで栄養も偏る傾向がありますが、外食が続いた後は、家でバランスの良い粗食をとるようにするなど、普段から意識することが大切です。

また、以下のような点に留意した食生活をこころがけましょう。

カロリーを減らすポイント
  • 食べ過ぎない。
  • 一品料理ではなく、なるべく多くの食品を組み合わせて食べる。
  • 肉はなるべく脂身を避け、しゃぶしゃぶなど油を減らす調理法を選ぶ。
  • たんぱく質は大豆や魚を中心にとるようにする。
  • ドレッシングやたれは、食べる直前にかけるようにする。

栄養の偏りを改善するために

バランス良く、と思っても普段忙しいと栄養バランスまで意識するのは難しいですよね。私の場合、食事の内容を意識しながらサプリメントも 飲んでいます。今、一番調子が良いのが>「元気必須ミネラル」です。制限なく摂取できるから、続けやすいんです。

ページのトップへ ▲

控えたい食品

控えたい食品

更年期以降、なるべく控えたいものの代表に、コレステロールと塩分があります。一般的に、肉・レバー・牛乳・卵・いくら・かずのこなどの動物性食品の脂肪は、コレステロールや飽和脂肪酸の含有量が高く、これらの食品の脂肪を多くとり続けると、高脂血症や動脈硬化の要因となります。

また、塩分の取り過ぎは、高血圧や胃がんなどを引き起こします。調理の際は、あまり濃い味付けにすることは避け、ラーメンの汁などもできるだけ残すようにしましょう。

ページのトップへ ▲

コレステロール

コレステロール

コレステロールは、約8割が体内で作られ、食品から摂取できるのは残りの2割程度です。肝臓などで作られるコレステロールの量は、自動的に調節されますので、基本的には、コレステロールを多く含む食品の摂取と、コレステロールの量とには、相関関係はみられません。

しかしながら、加齢・閉経・肥満などの要素がコレステロールを上げる原因となりますので、コレステロールを多く含む卵などの食品を、習慣的に過剰摂取するのは避けた方が賢明です。

ページのトップへ ▲

植物油

植物油

バターなどの動物性脂肪は、とり過ぎると動脈硬化を引き起こす恐れがあるので、過剰にとるのは避けた方が良いということは知られていますが、植物油にも、種類によってはとり過ぎると血栓が出来やすくなるものがあります。一般的に、加工食品やスナックに使われている植物油には、このタイプのものが多いので要注意です。

ページのトップへ ▲

飲んだら体の調子が良くなりました。。。


自然のミネラル補強食品「元気必須ミネラル」
友人から勧められた時には、正直、本当に効くのかなと半信半疑でしたが、友人の元気な姿を見て、 とりあえず試したら本当に効きました。いつでもどごでも摂取できるので、続けられるんですよね。 管理人的に体の調子を整える最強のサプリメントです。
 ⇒詳細はこちら
  • ▼ このサプリメントはこんな人にオススメです。
  • 体調をくずしやすくなった
  • お肌がの調子がよくない
  • 肩こり・腰痛・頭痛がひどい
  • 抜け毛・白髪が目立ってきた

1つでもチェックがついた方は⇒ 自然のミネラル補強食品「元気必須ミネラル」



Copyright (C) 2006 Academia Japan, Inc. All Rights Reserved.

【PR】 ジョンマスターオーガニック トライアルセット | 脱毛器 口コミ | すっぽん小町 | アロエ525