更年期障害、克服への道

>「治療と対策」一覧

受診のすすめ

定期健診の意義

定期健診の意義

定期健診は、日頃の健康状態を確認する絶好の機会です。定期健診で健康状態をチェックすることは、病気の早期発見や早期治療につながります。また、生活習慣病は日頃の不摂生が原因となることが多く、定期健診はあらためて生活習慣を見直すきっかけにもなります。

健康診断とあわせ、がん検診と治療にも定評のある健診センターをご紹介します。 どちらも規模の大きい病院なので、身体上の不具合があっても早期発見・治療に万全の態勢が整っています。
お住まいの地域に合わせて、健康診断を受けてみてはいかがでしょうか。

ページのトップへ ▲


これだけは受けておきたい基本検査

これだけは受けておきたい基本検査

会社で健康診断が受けられる場合、一般的に、問診・身長体重の計測・血圧測定・尿検査・血液検査・レントゲン検査・心電図検査などが行われます。定期健康診断を受ける機会が無い場合は、自治体でもさまざまな検診を行なっていますので利用するようにしましょう。

ページのトップへ ▲

受診の目安

受診の目安

更年期症状がひどくて、日常生活に支障が出る場合は、更年期障害ということになりますが、更年期症状と更年期障害の境界線は人それぞれです。特に、ホルモンが関係する場合、ホルモン補充療法や漢方薬で、かなりラクになりますので、辛い場合はあまりガマンをせず、自分の判断で受診するようにしましょう。

ページのトップへ ▲

がん検診

がん検診

自治体によるがん検診は、30才以上の女性を対象にした乳がんと子宮がんの検査や、40才以上の男女を対象とした胃がん・肺がん・大腸がんなどの検査が行われています。日程は自治体によってまちまちですので、広報をチェックしたり問合せをするなどして、積極的に利用するようにしましょう。



ページのトップへ ▲

問診

問診

問診は、医師にとって、検査結果を総合的に判断するための手がかりとなります。自分の症状を詳しく、なるべく順序立てて話すようにしましょう。閉経している場合はいつ頃閉経したか、過去にかかった病気、アレルギーの有無などについても聞かれますので、できるだけ頭の中で整理して、覚えきれない場合はメモなどを持参すると良いでしょう。

ページのトップへ ▲

内診

内診

内診では、膣・子宮・卵巣のチェックが行われます。内診には抵抗感がある人もいますが、腫れやしこりを早期発見するチャンスですので、きちんと診てもらうようにしましょう。

ページのトップへ ▲

子宮がんの検査

子宮がんの検査

子宮がんの検査には、子宮頸がんと子宮体がんの検査があります。自治体の検診では、子宮頸がんのみの場合がありますが、更年期以降は、どちらかというと子宮体がんのリスクが高くなりますので、年に一度は両方の検査を受けるようにすると安心です。


ページのトップへ ▲


血液検査

血液検査

血液検査からは実にたくさんの情報を得ることが出来ます。更年期以降の検査としては、エストロゲンとゴナドトロピンや甲状腺ホルモンの量の検査、また、更年期以降かかりやすくなる生活習慣病や糖尿病の有無、その他、腎臓や肝臓の機能を確認するための検査が行われます。

ページのトップへ ▲

骨量の検査

骨量の検査

骨粗しょう症にならないためには、早めに骨量の検査をすることが必要です。女性は閉経によって急速に骨量が減り始めますが、進行した場合、完全に元の状態に戻すことができません。よって、閉経後一年以内に、予防の意味で治療を開始することが重要となってきます。

ページのトップへ ▲

飲んだら体の調子が良くなりました。。。


自然のミネラル補強食品「元気必須ミネラル」
友人から勧められた時には、正直、本当に効くのかなと半信半疑でしたが、友人の元気な姿を見て、 とりあえず試したら本当に効きました。いつでもどごでも摂取できるので、続けられるんですよね。 管理人的に体の調子を整える最強のサプリメントです。
 ⇒詳細はこちら
  • ▼ このサプリメントはこんな人にオススメです。
  • 体調をくずしやすくなった
  • お肌がの調子がよくない
  • 肩こり・腰痛・頭痛がひどい
  • 抜け毛・白髪が目立ってきた

1つでもチェックがついた方は⇒ 自然のミネラル補強食品「元気必須ミネラル」



Copyright (C) 2006 Academia Japan, Inc. All Rights Reserved.