更年期障害、克服への道

>「更年期に関する基礎知識」一覧

女性ホルモンの働きと変化

女性ホルモンの種類と働き(ゴナドトロピン)

女性ホルモンの種類と働き(ゴナドトロピン)

女性の身体は思春期になると、卵巣から定期的に排卵を始めます。その指令を伝えるのは、脳の視床下部から分泌されるゴナドトロピン放出ホルモンですが、このホルモンは下垂体を刺激し、下垂体にゴナドトロピン(性腺刺激ホルモン)を分泌するように促します。

ゴナドトロピンには2種類あり、卵胞刺激ホルモン(FSH)は卵巣内の卵胞を成熟させ、黄体化ホルモン(LH)にはその卵胞の排卵を促進させる働きがあります。

ページのトップへ ▲

女性ホルモンの種類と働き(エストロゲン)

女性ホルモンの種類と働き(エストロゲン)

卵胞は成熟時にエストロゲン(卵胞ホルモン)を、排卵後に黄体となりプロゲステロン(黄体ホルモン)を分泌します。エストロゲンは、卵子が受精した場合に備えて子宮内膜を厚くします。また、プロゲステロンも、子宮内膜を柔らかくして妊娠に備えますが、妊娠しなかった場合には子宮内膜を排出させる働きも持っています。

子宮内膜が排出される=月経が起こるわけですが、その後、この2つのホルモンの血中量の不足が視床下部に伝わると、視床下部は再びゴナドトロピン放出ホルモンを分泌します。女性の身体の中では、毎月このような営みが繰り返されているのです。

ページのトップへ ▲

女性ホルモンの変化(エストロゲン)

女性ホルモンの変化(エストロゲン)

更年期が近づくにつれ、卵巣の機能はだんだん低下していくため、エストロゲンの分泌は徐々に減っていき、やがて閉経を迎える頃には、体内のエストロゲンは激減します。但し、完全になくなるわけではなく、閉経後も少量ながら副腎から分泌され続けます。また、プロゲステロンの分泌においては、エストロゲンよりもさらに急激に減少していきます。

この2つのホルモンの減少速度に差があることで、ホルモンのアンバランスという状態が起こり、月経不順や不正出血という事態を引き起こすのです。

ページのトップへ ▲

女性ホルモンの変化(ゴナドトロピン)

更年期の女性ホルモンの急激な減少に対し、視床下部はあわててゴナドトロピン放出ホルモンを分泌します。そして、その命令を受けた下垂体はゴナドトロピンを分泌し卵巣を刺激しますが、卵巣は対応することができません。そのため下垂体はゴナドトロピンの分泌量をどんどん増やして、なんとか卵巣を働かせようとしますが、機能が衰えた状態の卵巣には無理な注文でしかありません。

ページのトップへ ▲

女性ホルモンの変化に伴う諸症状

女性ホルモンの変化に伴う諸症状

いつもの命令がうまくいかない視床下部は一種のパニック状態になりますが、視床下部は自律神経をつかさどる器官でもあり、このパニックは自律神経の働きを乱すモトとなります。

自律神経は体温調節や呼吸をコントロールしているため、自律神経が乱れると、ほてり・発汗・動悸などの様々な不快症状が表れてきます。ただし、閉経後10年もたつと視床下部も事情を理解し、身体はとりあえず落ち着きを取り戻します。

ページのトップへ ▲

飲んだら体の調子が良くなりました。。。


自然のミネラル補強食品「元気必須ミネラル」
友人から勧められた時には、正直、本当に効くのかなと半信半疑でしたが、友人の元気な姿を見て、 とりあえず試したら本当に効きました。いつでもどごでも摂取できるので、続けられるんですよね。 管理人的に体の調子を整える最強のサプリメントです。
 ⇒詳細はこちら
  • ▼ このサプリメントはこんな人にオススメです。
  • 体調をくずしやすくなった
  • お肌がの調子がよくない
  • 肩こり・腰痛・頭痛がひどい
  • 抜け毛・白髪が目立ってきた

1つでもチェックがついた方は⇒ 自然のミネラル補強食品「元気必須ミネラル」



Copyright (C) 2006 Academia Japan, Inc. All Rights Reserved.