更年期障害、克服への道

>「更年期障害とは」一覧

眼科に関する症状

疲れ目

疲れ目

疲れ目の原因は様々ですが、ひとつに眼鏡の度が合っていないことが考えられます。目の調整力が落ちてきたにもかかわらず、同じ眼鏡をかけ続けているために、遠くがぼやけて見えたり、あるいは過調整(度が強すぎる)の状態になっている場合があります。

また、ドライアイも疲れ目を引き起こします。ドライアイは、涙の量の不足や、涙の成分の変化によって、目の表面に障害(傷)が生じる目の病気です。その他、長時間のパソコン作業や読書などによる目の使い過ぎや、肩や首のコリが原因の場合もあります。 まずは、ストレッチや入浴で筋肉のコリをほぐし、血液やリンパの流れをよくすることに努めましょう。

ページのトップへ ▲

老眼

老眼

加齢とともに近くが見えにくくなる現象を老眼といい、多くの人が40代半ばから自覚し始めます。私達が物を見る時は、毛様体という筋肉が水晶体(レンズ)の厚みを調整し、ピントを合わせますが、水晶体は加齢とともに硬くなり弾力性が低下します。このため近くを見る時に、水晶体が厚くなれず網膜より後ろに焦点がくるため、ピントが合わなくなるのが原因です。

老眼鏡をかけるとかえって症状が進むのではないかと心配する人がいますが、疲れ目や肩こりの原因になりますので、必要に応じて度の合った老眼鏡をかけるようにしましょう。

ページのトップへ ▲

飛蚊症

飛蚊症

飛蚊症とは、目の前に黒い点や糸くずなどが浮かんで飛んでいるように見える症状をいいます。明るい場所や青空を見つめた時に自覚することが多く、視線を動かすとこれらの浮遊物は一緒についてきます。蚊が飛んでいるように見えることから飛蚊症と呼ばれますが、硝子体(眼球内の大部分を占める透明なゼリー状の組織)が老化に伴って少しづつ液化していく過程で濁りが発生し、やがて網膜からはがれ、影として自覚されるのです。

ほとんどの場合は問題ありませんが、たまに進行すると網膜はく離を引き起こし、視力障害を引き起こす場合がありますので、一度は精密眼底検査を受けることをおすすめします。

ページのトップへ ▲

白内障

眼球の中には水晶体という透明なレンズがあり、これが濁ることを白内障と呼びます。多くは老化現象ですが、中には目の中の炎症や他の病気、外傷などに伴って生じることもあります。60才を越えると約90%の人に濁りがみられますが、見づらさにはかなり個人差があります。

視力を回復させるには、基本的には手術による治療しかありませんが、成功率は高いので、日常生活に不便を感じるようであれば医師に相談してみるのがよいでしょう。

白内障

ページのトップへ ▲

緑内障

眼球は正常な代謝を維持するために、一定の固さ(眼圧)を保っています。眼球内の水(房水)の生産と排出のバランスがうまくいかなくなると、房水が眼に溜まって眼球が固くなり、眼圧が高くなります。

緑内障とは、眼圧が高くなることによって視神経が冒され、視野が狭くなったり欠けたりする病気です。自覚症状が無いことも多く、また、眼圧が正常値範囲内でも緑内障が起こることがありますので、眼科で定期的に検査を受けるようにしましょう。

緑内障

ページのトップへ ▲

飲んだら体の調子が良くなりました。。。


自然のミネラル補強食品「元気必須ミネラル」
友人から勧められた時には、正直、本当に効くのかなと半信半疑でしたが、友人の元気な姿を見て、 とりあえず試したら本当に効きました。いつでもどごでも摂取できるので、続けられるんですよね。 管理人的に体の調子を整える最強のサプリメントです。
 ⇒詳細はこちら
  • ▼ このサプリメントはこんな人にオススメです。
  • 体調をくずしやすくなった
  • お肌がの調子がよくない
  • 肩こり・腰痛・頭痛がひどい
  • 抜け毛・白髪が目立ってきた

1つでもチェックがついた方は⇒ 自然のミネラル補強食品「元気必須ミネラル」



Copyright (C) 2006 Academia Japan, Inc. All Rights Reserved.